幸せスピ知識

【考察】高次元の存在と科学との繋がり

みなさんは高次元の存在をなんだと思いますか?

ざっくりと「神様」や「仏様」がいらっしゃる所と解釈している方が多いのではないでしょうか。

私もその一人ですが、科学で立証されていく事とスピリチュアルを比べてみると、かなり近いものを感じるのは私だけでしょうか?

この記事では、私が勝手に高次元と科学との繋がりを考察してみたので、みなさんも高次元とは何かを一緒に考えてみてください。

水と人間

科学的な実験で水に良い言葉をかけつづけると「綺麗な結晶」ができ、悪い言葉をかけつづけると「汚い結晶」ができると言われています。

人間もほぼ水分でできていて、水と同じように言葉で影響を受けてしまうので、きれいな言葉を使い、美しい音楽を聴きましょうと聞いたことがあります。

「綺麗な結晶」も「汚い結晶」も人間が勝手に見た目をみて「綺麗」「汚い」と決めつけているだけではありますが、それでも一般的に美しい言葉を使うことは賛成です。

水や植物に関しては専門家ではないのでわかりませんが、人間には感情があります。

ポジティブな言葉を聞き続けるとポジティブになり、ネガティブな言葉を聞き続けるとネガティブになる人の方が多いのではないでしょうか?

この感情という機能は厄介でもあり、とても素晴らしいものでもあります。

今の科学ではわからないものが高次元の存在!?

科学で証明できるから、スピリチュアルな事は存在しないと言われることがあります。

私は、以前から少しそこに違和感があり、もしかするとスピリチュアルは科学が進歩していけばドンドン解明していくものではないのかと思うことがあります。

例えば、映画アバターのように高次元の存在から、私たちの次元にアバターを作り、肉体を授け動かしているようなイメージなのかなと…。

もっと簡単に言うと私たちが、スマホやパソコンでもう一人の自分を作っている状態が高次元でも行われているのではないかと思っています。

なぜ、そんなことをするのか?という人もいるかもしれませんが、人間がゲームをするのに意味などなく、楽しむためにするのと一緒なのではないかと思うのです。

苦しい事も、つらい事も、楽しい事も、すべてアバターを通して学び、高次元にいる自分はその体験に満足するのではないのかと考えています。

霊感は特別ではない!すべての人が持つ能力

霊感と言えば、特別な人が持っていて選ばれた人のみ持つ能力と思いがちですが、私にもみなさんにも霊感は宿っています。

ただ弱いか強いかの違いです。

それは、普段の生活で使っているのにも関わらず、すべて無意識だから気づく事ができないだけ。

例えば…

「何年も髪の毛を明るい色に変えていたのに、急に暗い色にしたくなり、髪の色を変えた途端、近しい人が亡くなった」

「いつも通る道だが、今日はこっちを通ってみようと思い通ると、いつもの道で事故が起きた」

など…無意識に何かを感じ取ったり、不運を回避していることがあると思います。

運がよかっただけとか、タマタマと言えばそれで終わりなのですが…私は、その人が霊感を使い無意識に感じ取った結果だと思っています。

残念ながら、私は霊感を自分でコントロールできる人間ではないです。

ですが、科学が進んでいけばコントロールできるものになるのかもしれないとさえ思います。

高次元と通信ができる!?魂の故郷とは?

起きている時に、高次元と通信ができるわけではありません。

ただ、高次元と繋がることができる人は、この世の中に存在します。

科学がもっともっと進歩すれば、霊感を使いこなせるよう修行していない人が高次元の存在と通信できる日も夢じゃないかもしれません。

高次元通信専用スマホとか?(笑)

ちなみに、寝ているときに夢を通して魂の故郷に帰っているという話は聞いたことがあるでしょうか。

寝ている間に、魂の故郷に帰り会議などをして、また現世に戻ってくるそうです。(何の会議をしているのかはわかりませんが)

これは、一般の人も高次元と通信しているという事になるわけですが…なんで覚えてないの?って思いますよね。

前世やカルマ、魂の故郷を覚えていないのには理由があるそうです。

一説には覚えてしまっていると、その時のいらない感情も一緒に持ってきてしまうせいで、新しい困難や喜びを感じれなくなったり、今世の邪魔をしてしまうから全てを忘れて生まれてくるそうです。

高次元と通信ができる人は、私たちを導くというお役目を持って生まれたからこそ、覚えていないとダメな人がいるのかもしれません。

そう考えると、もし高次元と通信ができる機器が科学的に発明されても、高次元の人が簡単に通信をとってくれるわけないので、結局お話しするのは難しそうですよね(笑)

目に見えるものだけが真実ではない

自分が実際見たものに関しては、信用できるが、そうじゃないものは信用できない!
という人もたくさんいるでしょう。

では、あなたはwi-fiがあることを何故信じるのでしょう?

だって、電波がスマホに入ってくるでしょ?

もあもあ
もあもあ

電波も目に見えないよ!

スマホを使用している現代人にとって、電波は当たり前のものですが、江戸時代の人がタイムスリップしてきて現代の光景を見たら、きっと、この世ではないと思う事でしょう。

そういう意味ではもしかすると、高次元とは、かなり科学が進歩した私たち自身の世界なのかもしれません。

余談ですが、UFOもいろんな形がありますよね…個人的に宇宙人もいるとは思っていますが、あのUFOの一つはタイムマシンでかなり先の未来人が乗車しているんではないかと考えたりもします。

まとめ

科学とスピリチュアルが本当は同じものだったとしたら、まだまだ私たち人間は勉強することが、たくさんあるのだなと感じます。

ただ、本音を言えばスピリチュアルと科学は似て非なるもので、神秘的な存在でいてほしいと思っています。

わかってしまうと、急につまらなくなってしまうんですよね(笑)

個人的に、わからないからこそ引きまれる魅力があると思っています。

不思議なものに対して「わかりそうで、わからない」「神秘的」とか「どうして、こうなんだろう」といつまでも、議論していたいのかもしれません。

もあもあ
もあもあ

人の感情とか気持ちとか、目に見えないものを大切に!

今日も見てくれてありがとう!感謝です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA